せどり

Amazonアカウント閉鎖【2016.5 BAN祭り・フィギュアが原因?】

投稿日:2016年5月22日 更新日:

Amazonアカウント閉鎖【BAN祭り・フィギュアが原因?】

※この記事は2017年2月22日に一部加筆しています。

 

 

禁止マーク

 

 

アカウントが閉鎖になりました。

ここ数日

 

Amazonで

アカウント閉鎖(BAN祭り)が相次いでいるとの情報を得ました。

 

セラーフォーラムでもその話題が出ていました。

seller forums

フォーラムより引用しています。

 

実際にセラーの方に届いたメールです。

 

平素はAmazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

以下の該当商品は、当サイトの商品ページから削除されました。

〇〇〇〇(1/8スケールpvc塗装済み完成品)"
〇〇〇〇紺スク ver. (pvc塗装済み完成品)"

この商品は制限対象商品として検出されたためカタログの掲載を中止しました。

**この通知を受け取ってから48時間以内に、
その他の商品につきましても当サイトの規約に抵触するような商品を出品していないか確認し、
適宜修正を行っていただきますようお願い致します。

もしもこの通知に反して出品を続けますと、
販売に係るすべての権利が剥奪される場合がありますのでご注意ください。

今後とも、Amazon.co.jp をよろしくお願いいたします。」

 

 

そのまま何もしないでいたら

半日ほどしてまたメールが・

 

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ

平素は、Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、出品者様のお取引履歴を確認しましたところ、以下の商品につきまして
Amazonマーケットプレイス参加規約/出品規約など、当サイトの規約に抵触する行為が見られました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
〇〇〇〇(1/8スケールPVC塗装済み完成品)

当サイトは、過去にも同様の規約違反に係る注意喚起を行い、
出品者様のカスタマーサービスを改善するよう要請しておりました。
しかし誠に残念ながら、再度、同様の規約違反が確認されました。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

このため誠に残念ながら、総合的な判断により、
出品者様の出品用アカウントを閉鎖させていただく判断に至りましたことをご連絡させていただきます。 」

 

アカウント閉鎖になってしまったようです。

 

その原因は?

今回のアカウント閉鎖の原因となった商品は

 

 

 

 

 

スクール水着を着たフィギュアです。

 

アカウント閉鎖の時点ではカタログから削除されていたようです。

 

 

ところが

 

 

アカウント閉鎖が相次いだ3日後に

 

問題があるはずのフィギュアが

 

カタログに復活していたのです!

 

 

sukumizu

ちなみにこの商品

 

Amazon自身もかつて販売していた商品です。

 

217842

 

意味不明です。

 

同じ理由で

アカウント閉鎖になったセラーの方も複数おられたようで、

 

 
「アカウントペシャリストに
他の紺スク水のフィギュアとこの商品の何がダメでどう違うのか
メールで問い合わせている最中です。」
 
「どちらの商品もアマゾンのカタログが復活してます。
この事実を元にアカウントスペシャリストにメールで抗議してみます」

 

などの怒りの声が見られました。

そして

 

「本日アカウントスペシャリストからメールがあり
結論から申し上げますと、アカウント復活しました。

アマゾンの理不尽さがよくわかりました」
 
「復活しました。
勘違いでした。テヘぺろって感じでした」

 

とその後は無事に復活された書き込みが多く見られました。

 

アカウントスペシャリストが勘違いして先走ったようですね!

 

アカウントスペシャリストと言えば

 

日ごろ私たちの対応をしてくれる

テクニカルサポートの皆さまも立ち入ることができない

(注 何をしているかわからない)

 

とってもブラックいえグレーな部署だそうです。

(テクニカルサポートオペレーターSさん談)

 

雪見&大福も

アカスペとは因縁の仲です

 

詳しくは

ハイ!そのポリシー従わせていただきます

Amazon評価割合と重要性【アカスペからの恐ーい通知】

また無料レポート第2弾にも詳しく書いてあります!

(メルマガ登録をすることでお読み頂けます)

登録はコチラ

今回のBAN祭りの流れ

 

まとめ

 

今回のアカウント閉鎖・BAN祭りの流れは

 

アカウントスペシャリストが勘違い

↓ ↓ ↓

特定のフィギュアの出品しているセラー及び

商品を登録しているセラーに削除を要請

↓ ↓ ↓

対応しなかったセラーがアカウント閉鎖される

↓ ↓ ↓

「このフィギュアのどこが問題なんだ!」

と抗議殺到

↓ ↓ ↓

再調査

↓ ↓ ↓

「勘違いでした、ごめんなさい」

 

と言う流れでしょうか?

 

しかし

 

近年の児童ポルノなどの社会問題化に伴い

 

フィギュアを取り巻く環境はさらに厳しくなると思われます。

 

また同様に

 

ドラッグストア関係の商品でも

「知的財産侵害」による出品停止が相次いでいます。

あまり繰り返すとアカウント停止・閉鎖にもつながりかねません。

 

 

閉鎖されない対策は?

 

今回はアカウントスペシャリストの勘違いでしたが

 

ひとつだけ

 

今後の参考になる

重要なことがあります。

それは、一連の経緯の中で

 

「特定のフィギュアの出品しているセラー及び

商品を登録しているセラーに削除を要請」

 

つまり

 

出品をしているセラーだけでなく

 

商品を登録している=「かつて販売していたセラー」も

アカウント閉鎖の対象になったことです。

 

あなたも

 

現在フィギュアを販売していなくても

以前に

少女系のフィギュアや

アダルト系の商品を販売していて

まだその商品が登録されていたら

また

夜間販売で売り切った商品

メーカーから警告があって現在販売していない商品

知的財産権の侵害で出品停止になった商品

出品停止アイコン 

 

商品情報は速やかに削除しておいた方がよさそうですね!

 

商品情報の削除の方法

 

とても簡単です。

 

 

セラーセントラルのトップ画面から在庫管理画面に入ります。

①商品情報を削除したい商品を選択

 

 

②選択中の〇商品を一括変更をクリック

 

 

③商品と情報を一括削除をクリック

 

 

反映まで時間がかかる場合もあるので

しばらくしてから削除されているか必ず確認しておきましょう。

 

 

削除といえばこちらは簡単にできますよ。

↓ ↓

Amazonでの出品者評価取り消し【削除依頼の方法とは】

 




最後までお読み頂きありがとうございます!





ランキングに参加しています

応援していただけたら励みになります。

   

 



記事は参考になりましたか

皆さまからのメッセージいただけたらとても嬉しいです。

よろしければお問い合わせお待ちしております。






ーー PS ---


あなたは

会社に雇われずに豊かに暮らす

そんな自由を手に入れたいと思いませんか?


503588

 

親の借金を抱えながら


皿洗い⇒せどり⇒アフェリエイトに出会い
たった1人で3億円を稼ぎ

経済的、精神的、時間、
身体の自由を手に入れた
著者が自らの体験を綴った書籍

『自由な人生を手にいれる教科書』

Amazonベストセラーランキング1位
期間限定・今なら無料です。
 ↓↓↓
5188i6gjcl


 

ダウンロード後に感想を送ると

「新型 Mac Book」が当たる

キャンペーンも実施中です。

 

334551

 

ぜひ読んでください。
希望が湧いてきます。



雪見&大福通信

メルマガ登録はこちらからどうぞ

↓↓↓

 

 



スポンサーリンク

-せどり

Copyright© せどりと情報発信でめざせ月収100万円 副業夫婦の実践せどり術・・失敗も教えちゃいます , 2017 AllRights Reserved.